2021-09-27

コーヒーとチョコレート

コーヒーと相性バツグンの 

スイーツといえば… 

 

チョコレート 

   

 

実は 

コーヒーとチョコレートは 

共通することが多いんです。 

   

 

【原産国】 

 

コーヒーは 

エチオピア・タンザニアなどのアフリカ 

イエメンの中東 

インドネシア・ベトナムなどびの東南アジア 

グアテマラ・メキシコ・ブラジルなどの南アメリカ 

  

 

チョコレートんの原料となるカカオは 

 

ガーナやナイジェリアなどの西アフリカ 

メキシコ・エクアドル・ブラジルなどの南アメリカ 

 

 

両方と赤道付近で熱帯地域で栽培されています。 

 

 

【成分】 

 

コーヒーの代表的な成分は 

ご存知「カフェイン」 

他に 

ポリフェノール 

脂質 

糖類 

 

が含まれています。 

 

カカオの代表的な成分は 

「ポリフェノール」 

 

他に 

カフェイン 

脂質 

など 

 

 

代表的な成分は違うけれども 

同じような成分となっています。 

   

 

【味】 

 

コーヒーは「苦い」 

チョコレートは「甘い」 

 

というイメージですが、 

 

 

実はカカオも 

加工される前はものすごく苦いんです。 

   

 

カカオ100%のチョコレートは 

苦すぎてそのままでは食べることはできません。 

   

 

以前 

息子が100%カカオにチョコを買って 

不味くて 

ほとんど残してました… 

 

 

なので、 

苦味を強く感じる 

エスプレッソもお砂糖を加えると 

 

チョコレートと同じように 

苦味が中和され美味しくなります! 

 

 

コーヒーとカカオは 

 

コーヒーはアカネ科の植物で 

カカオはアオイ科の植物 

   

と全く違う植物なのですが、 

   

育てられている場所 

成分・味は似たものなんです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA