2021-09-22

黄金コーヒー

インドのコーヒー豆で 

「黄金コーヒー」と 

呼ばれているコーヒーがあります。 

   

 

そのコーヒーは 

大航海時代 

  

植民地で合ったインドから 

ヨーロッパにコーヒー豆を輸出する際、 

   

   

長い航海で運ばれる際、 

海風や湿気の影響を受けて  

コーヒー豆が黄金色になったそうです。 

   

そのコーヒーを焙煎して飲んだところ 

 

独特の香りと芳醇な味わいがあり 

マニアックなコーヒーと絶賛されていました。 

   

   

歴史がすすみ 

運搬技術が発達したことで 

黄金コーヒーは無くなってしまいましたが、 

 

   

独特な風味が忘れられないという要望が 

多かったため、 

   

 

水洗いをしていない状態の豆を 

インドに吹く季節風 

「モンスーン」にさらすことで、 

その当時の風味を再現しされました。 

   

 

そのコーヒーが 

「インド・モンスーン」 

 

酸味が少なく 

独特な風味と強い苦味が特徴 

  

酸味が苦手な方にはおすすめのコーヒーです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA