2021-08-05

コーヒーの香り

コーヒーにお湯を注いだ時に
ふわっと漂う裕な香りは
心を落ち着かせてくれますよね。
 
 
香りの元になっている成分は
何種類くらいあると思いますか?
 
 
200?
 
300?

400?

実は、
コーヒーの香り成分
解明されているだけで800種類以上

これらの成分が組み合わさって
芳醇な香りを生み出しているんです。

ワインの香り成分が
200種類といわれているので、

コーヒーの香りが
複雑なのかがわかると思います。

これらの香り成分の中でも
風味に影響を与える成分は
約30種類~60種類ほど

 
複雑過ぎて
わかりにくいですよね。
 
 
なので、
パールズで販売している
コーヒー豆のラベルには

そのコーヒーから感じられる風味を
デザイナーの東麻マユカさんに
描いていただいています。
 
 
コーヒーを飲まれる際、
ラベルに描かれている風味を
探しながら楽しんでください。

ラベルのデザイン気に入っていただけたら
東麻マユカさんをフォローしてあげてください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA