2022-04-14

エスプレッソ誕生秘話

イタリアのコーヒーといえば…

 

そう

エスプレッソ

 

 

コーヒーカップ半分位の

小さなデミカップで楽しむ

濃厚なコーヒー

  

 

なぜ、

小さなカップのコーヒーが

誕生したとおもいます?

  

 

実は

皇帝ナポレオンが関係しているんです。

 

 

 

1806年

イギリス製品をボイコットするために

ナポレオンが発令した大陸封鎖令

 

 

そのため

コーヒー豆の輸出規制がなされ

イタリアでもコーヒー豆が急激に不足

 

 

そのため

コーヒーを提供出来ないカフェが

たくさん潰れてしましました。

 

そんな中

ローマの名店

「カフェ・グレコ」の

3代目サルヴィオーニは

 

 

苦肉の策として

小さいカップで

金額を下げて提供する策で

困難を乗り切ろうしました。

 

 

その結果

小さいカップでコーヒーを飲むスタイルが

広がりデミカップが誕生したのです。

 

 

そして

少ない豆量でも美味しくコーヒーを

楽しむため考えだされたのが、

 

 

細かく挽いた豆に蒸気で圧力かけ

短時間で抽出する機械を

 

 

1906年4月に開催された

ミラノ万博

 

 

ベゼラ社が

「caffe’ Espresso」と標記したことで

 

 

「エスプレッソ」が誕生したのです。

 

 

その発表がなされた

 

4月16日は

「エスプレッソデー」として

沢山のお店でイベントを開催されています。

 

 

もちろん

パールズでもイベントを開催!

 

4月15日~17日の3日間

 

イタリアエスプレッソ協会から

伝統的なエスプレッソと認定を受けている

南イタリア・サレルノのエスプレッソ

 

「トルチェッロ」

 

2014年に

焙煎豆の品評会

「国際カフェテイスティング競技会」で

金賞を受賞した

 

「オリジナルエスプレッソ」

 

 

2種類のエスプレッソの飲み比べ

 

通常600円のところ

半額の300円でご提供します。

 

 

この週末は

エスプレッソを楽しんで

誕生をお祝いしてください!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA