2021-10-03

最大のコーヒー消費国

世界で一番コーヒーを育てている国は 

ご存知の通り 

   

 

ブラジル 

 

 

では、

一番コーヒーを消費している国は 

どこだとお思います? 

 

 

 

 

 

正解は… 

 

 

 

イタリアやフランスを含む 

EU(ヨーロッパ連合) 

 

 

3割近くのコーヒーが 

ヨーロッパで消費されているんです。 

 

次いで 

アメリカ 

ブラジル 

 

そして 

 

4番目に 

日本で全体の5%位を消費しています。 

 

   

でも、 

EUやアメリカって 

 

 

国土の広さ 

人口の多さは 

 

日本より大きいので 

多いのは当たり前ですよね。 

 

 

では 

一人当たりの消費量で一番多いのは… 

 

 

 

エスプレッソの発症の地 

イタリア? 

 

 

カフェの数がたくさんある 

フランス? 

 

 

実は… 

 

 

ノルウェー 

1年間で約8.6kg 

(約570杯) 

 

 

ちなみに 

日本は約3.6Kg  

(約240杯) 

 

ノルウェーは倍以上消費されているんです。 

 

 

 

なぜ、 

ノルウェーでコーヒーが 

一番飲まれるようになったのか? 

 

それには、 

気候と歴史が大きく影響してたのです… 

世界で一番一人当たりのコーヒーが多い国

ノルウェー

エスプレッソの発祥地イタリアでも

 

スターバックス誕生国アメリカでもないんです。

なぜ、

ノルウェーが一番コーヒーを消費しているのか?

ご存知の通りノルウェーは北欧
 

気温も低く日照時間も短いです。

寒くて暗いと気持ちが暗くなり心が沈んで元気が出ませんよね。

そんな厳しい環境の影響のためか

ノルウェーでは、家族や友人と一緒に飲み物を飲んでリラックスする時間が多いそうです。

ところで
飲み物を囲んで団らんするんだったら

コーヒーよりもお酒の方が身体も温まり陽気になりますよね。

実際極寒の国ロシアはウォッカを飲んでいますよね。

実は、

1900年代

ノルウェーを含む北欧の国々で禁酒令が敷かれたのです。

なので、

お酒を飲むことができないため

コーヒーを飲まれるようになったとのこと。

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA