2021-10-09

コーヒーの標高と味

果物は 
太陽の光を浴びることで養分を蓄え 
   
夜になり 
呼吸が少なくなり 
養分を使わなくなります。 
 
   
また、 
寒くなると果物の中の水分が 
凍りにくくなるように、 
糖分を蓄えるようになります。 
   
 
なので、 
寒暖差が大きくなると 
糖分が高くなり 
美味しくなります。 
   
   
コーヒーも果物と同じで 
寒暖差が大きくなる標高が高い場所の豆は 
糖分が多くなります。 
 
 
では、 
標高が高いコーヒーは甘い! 
 
・  
・ 
・ 


というわけではないんです。 
 
   
コーヒー豆に含まれる 
単糖類は熱を加えることで 
   
乳酸 
グリコール酸 
などの酸に変化 
 
多糖類も甘味ではなく 
質感(口当たりなど)に 
影響されます。 
   
 
なので、 
焙煎度合いにもよるのですが、 
 
 
標高が高い場所の豆は 
果実味が感じられる 
爽やかなコーヒーとなります。 
 
 
コーヒーを選ぶ際、 
参考にしてください。 
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA